バンクイックとアイフルでは、どちらがお得に借りれるでしょうか?

バンクイックは、三菱東京UFJ銀行の提供するカードローンサービスです。最短30分での審査回答、カードの即日発行可能、銀行口座開設不要と、従来の銀行カードローンのイメージを覆すサービス内容と、銀行ならではの低金利・高額融資で大変人気が高い商品です。バンクイックの申し込みには、希望限度額100万円以下で有れば、原則、収入証明書を必要としません。そのため、急にお金が必要になった時でも、運転免許証さえあれば、三菱東京UFJ銀行ATMに設置されているバンクイックテレビ窓口で、即申込み、その場でカードを発行してもらうことが出来ます。バンクイックカードの発行後は、全国の三菱東京UFJ銀行ATMや提携しているコンビニATM(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等)で借り入れから返済まで、手数料¥0円で利用することが出来ます。バンクイックの毎回の最低返済額は、限度額200万円までの契約で、10万円ごとに\2000円づつの最低返済額、限度額200万円越えの契約では10万円ごとに\1000円から可能と、無理なく、少しづつ返済していくことが、バンクイックでは可能のようです。アイフルは、貸金業法で管理される金融会社です。その為、消費者金融全体のイメージが、アイフルにもあると思います。バンクイックが、スピードや手軽さといった消費者金融が得意とする特徴を持った銀行カードローンなら、アイフルは消費者金融でありながら、まるで銀行のようなサポートとサービスプランを用意しています。金利面ではやや劣るものの、借り換えや取りまとめ、事業性資金のサポートや目的別・低金利のローンなど、これまで厳しい銀行の審査をクリアしなければ借り入れることの出来なかった商品が、アイフルでは用意されています。その数、なんと8種類もあるのです。年収1/3までの総量規制が適用されるアイフルですが、その規制の適用外とされる事業性資金の借り入れでは、サポートプランとしてすでに年収1/3以上の借り入れがある方でも申し込み・借り入れ可能となっています。他にも、他社での借入金を借り換える目的で利用できる、かりかえMAXが金利12.5%〜17.5%、融資額1万円〜300万、すでにアイフルでの利用実績がある人へは、上限金利が15%での利用が可能となるおまとめMAXなど、親切なサポート内容が用意されています。もちろんアイフルにも、来店&書類送付不要・最短30分での審査・即日融資可能と、消費者金融ならではの素早いサービスも充実しています。